【新コーナー】イングリッシュジム(English Gym) アウトプットで力を伸ばす

こんにちは、いつもお世話になっております。大原教室・鳥山教室でアシスタントをしてる Kokiです。本日から生徒様のアウトプットを形にしていくため、お教室で学んだ事をご家族と楽しみながらアウトプットできる “Englsih Gym”(イングリッシュジム) を始めました。 アウトプットは、なぜ有効なのかをまとめた記事を書いたので是非目を通していただければ嬉しいです。お子様の成長をサポートできる様に、これからも脳トレ問題や謎解き問題、アウトプット活用などの有力な情報を発信していければと思います。

アウトプットを使いこなそう!

皆さんのお子さんは勉強において学んだことを「アウトプット」していますか? 勉強ができる子達は、必ずと言って良いほどアウトプットを大切にしています。

アウトプットってそもそもどういう意味? 一体どんな効果があるの? すぐに周りと差がつくアウトプットの方法をご紹介します!

アウトプットって何?

Out =「外に出す」と考えるとわかりやすいです。 例えば学校やレッスンで学んだ事を宿題や自習時に復習をする事を良います!

インプットとアウトプットの違い
インプット例 (頭に情報を入れること)

  ・本を読むこと

  ・新聞やニュースなどで情報を得ること

  ・授業を聴くこと

  ・暗記すること

アウトプット例 (頭に入れた情報を伝えること)

  ・学んだ事をメモを取ること

  ・人に教えること

  ・授業の復習をすること   ・学んだことをテストすること

アウトプット 3つの方法「書く」「話す」「行動する」

① 「書く」 メモやノートに自由にまとめる。 ② 「話す」 友人や家族に教えたり、独り言でも大丈夫。 ③ 「行動する」 学んだ事をもとに、実際に何かを作ったり行動に起こしたりする。 私がおすすめしている英語のアウトプット術は… 英語で日記を書くこと、そしてそれを声に出して読む事です。

教科書の例文を覚えても、実際に使う場面は少ないと感じますよね。 あまり使う場面がないと、アウトプットする機会がなく、ただひたすらインプットの毎日だとモチベーションにも繋がらないですよね。 英語力磨くには、毎日のアウトプット、つま復習や訓練が必要となります。 おすすめなのは、自分の勉強している言語で日記を書いてみることです。重要なのは短い時間でも頭を使って絞り出し、考えること。日記なので文法などは間違えていても問題なし。僕が正しい英文に直します。間違えて人は初めて学びます。それが大切です。 とにかく思ったことを書いてみると必ず効果を実感できるはずです! 小学生でも中学生でも知っている単語や文を書けば書くほど、話せば話すほど、行動すれば行動するほどアウトプットになります。 今日からでも実践してみましょう!


今週のイングリッシュジムはこちら!




閲覧数:119回